Home

WORKING HERE IS LIKE…

【病院内託児所】

001

病院内託児所というのは、病院で勤務している看護師さんなどの子供を病院内で預かる施設をさしています。

一般の保育所と異なり規模が小さいものの、24時間子供を預かってくれる病院内託児所もあります。病院内に設置されている託児所のメリットは、日勤、夜勤関係なく看護師などの職員の勤務形態に合わせて、変則的な勤務でも対応してくれるのが院内託児所の大きなメリットになっています。

さらに、24時間預かってくれるだけではなく、土日や祝日も預かってくれるので病院で働く職員にとっては一般の保育所に子供を預けるよりも様々なメリットがあります。

病院内託児所は、最近になってようやく整備されてきました。それまでは、夜勤勤務の看護師に対応できる託児所がなかったので、病院が託児所を作るケースが多かったのですが、現在では一般の企業がビジネスとして託児所を運営していることが多いようです。

院内の託児所は一般的な託児所に比べても格段に料金が安いことも大きなメリットです。

一般の託児所や保育所は空き待ちも問題になっていて、料金も数万円になってしまう施設も少なくありません。それでは、子供が1人ではなく2人、3人といれば、経済的に大きな負担になってしまいます。しかし病院内託児所や保育所は1日数百円から数千円で対応してくれる施設が多いので一般の託児所や保育所に預けるよりも安く抑えることができるのです。

子供を預ける料金が安いというメリットの他にも院内に施設があるので、勤務先から離れている施設にわざわざ迎えにいかなくても良いというメリットも大きいですよね。

不規則な時間帯で勤務先から離れているとなると看護師にとっては疲れるだけですが、院内に施設があるのですぐに子供を迎えにいくことができるのも病院内託児所の長所と言えます。

最近では子供を預けて仕事をする看護師が増えているのと比例して、院内に託児所を設置する病院が増えていて、小さい子共がいる看護師は院内託児所があるかないかも転職先を決める1つの基準になっているようです。

【料金について】

002

病院に設置されている院内託児所を利用したいと思っている看護師さんも多いかと思いますが、料金はどれくらいなのでしょうか?

病院内の託児所は、平均で1ヶ月2万円から4万円が相場だそうです。これは子供の年齢によっても変わってきます。

一般的な保育園は親の年収などによっても変わってきますが、4万円以上かかってしまうこともあります。

また認可、無認可によっても値段が大きく異なってしまいます。

ここだけ比較してみると、病院内に設置されている託児所や保育園のほうが安いことが分かります。

なぜ安くなるのでしょうか?

基本的には病院が負担してくれているためです。このため、通常の保育園や託児所に比べると病院内の託児所や保育所の料金が安くなるのです。

また24時間対応してくれることが多いのでその分割り増し、さらに急に預けたいと思ったときに預けることも出来ますが別途料金が発生してしまうそうです。

しかし病院内の託児所や保育所のメリットは24時間預けられるところにメリットがあるので、多少料金が高くなったとしても預けるメリットはあります。

ちなみに、この料金にはご飯代やおやつ代が含まれていて追加で料金が発生することはありません。

しかし粉ミルク代やおむつ代は料金に含まれていないこともあるので、どこまでが料金に含まれるのか確認をした方が良いかもしれません。

またイベントや行事があるときは別途料金が発生することもあります。

病院内の託児所や保育所に子供を預けるメリットは料金も安くなりますが、一番のメリットは24時間預けることができて、すぐ迎えに行けたり何かあったときはすぐ駆けつけることができるところがメリットですよね。

これが病院外の保育園や託児所に預けるとなると簡単には行きません。不規則な環境で働く看護師の仕事だからこそ利用する価値があるのが病院内に設置されている託児所や保育所の魅力と言えます。

Home

検索

Return to page top